八咫烏の森 ヤタガラスシリーズ 蕨硝子 被せガラス 瑠璃 ロックグラス画像
八咫烏の森(ヤタガラスノモリ)

八咫烏とは、3本の足があるオオガラスの事。
神の使いと言われています。

最初に日本を統一したと言われる、神武天皇の話、「神武東征」
の中で、熊野の山で道に迷った神武天皇の前に、3本足の鴉が
現われ、熊野から吉野を経て大和に至るまで道案内をした と
いう記述があります。
この話は、日本書紀・古事記にも書かれています。

八咫烏は、「神の意を受け、正しい方向へ導く」神使(しんし)
として、熊野本宮大社の紋章になっています。

八咫烏は古くからその存在が知られていて、キトラ古墳の壁画や
法隆寺の玉虫厨子の土台にも、その姿が描かれています。


ガラスの伝統工芸品、江戸切子に使われる高級素材の被せガラス
に、神使である八咫烏が、地上に舞い降りる所を、サンドブラス
トで彫刻加工した、ロックグラスです。
混沌とした世の中を、正しい方向へ導いて欲しい、という願いを
込めて作りました。






八咫烏の森 ヤタガラスシリーズ 蕨硝子 被せガラス 瑠璃 ロックグラス

商品コードyatagarasu01
メーカー名株式会社ブラスト工房
価格11,000(税込)
在庫 なし
数量  
商品説明

八咫烏の森

サイズ 直径約78mm 高さ約93mm
仕様  色被せガラス 瑠璃色
    ロックグラス
    
    サンドブラスト彫刻加工
    手触りを良くして、指紋や汚れが付きにくくなるように
    ガラス面に独自のバーンフィニッシュを施しています

本商品は、手作り商品です。
製品の特性上、形・容量・重さが異なったり、気泡や筋などが
入る場合がありますが、品質や強度には問題がありません。
初めてご使用の際は、食器用洗剤でよく洗ってからご使用ください。

*電子レンジ・オーブン・キズの付きやすいスポンジ等 使用不可

無料でラッピングいたします。
包装紙をお選びください。



蕨硝子 は、ブラスト工房のある、日本で一番小さな市・埼玉県蕨市から、
新しい工芸を発信する事を目的として、2016年に設立された、ブラス
ト工房のオリジナル商品ブランドです。(登録商標5946495号)

サンドブラスト・ガラス彫刻と言う、日本のガラス工芸の中でも新しい分野
に特化し、埼玉県蕨市で作られたサンドブラスト・ガラス彫刻品として、
数多くのガラス工芸商品
を生み出しています。

Copyright ©ブラスト工房 オンラインショップ All Rights Reserved.