デニム クラッチバッグ 眠る猫 蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ 画像
河鍋暁斎(かわなべ きょうさい 1831.5.18~1889.4.26)

江戸時代から明治時代に活躍した天才絵師・日本画家。
1837年6歳で浮世絵師・歌川国芳に師事、絵の基本を習う。
1840年狩野派の絵師・前田洞和に師事。
洞和は暁斎を「絵のうまい子供」として、画鬼と呼んでいたと
いう逸話もある。
1858年異例の若さで、独立を果たし惺々狂斎(せいせいきょうさい)
の画号で描き始め、戯画・風刺画で人気画師となる。
明治になり、河鍋狂斎として名が広まるが、1870年の書画会で描いた
絵が、政府批判に当たるとして、逮捕され牢に入れられる。
放免されてからは、名前を 狂斎から暁斎に改める。

生前の暁斎は、相手の出自・身分に関わらず、広く多くの人々と交流をし
1881年には、鹿鳴館・三菱一号館・ニコライ堂の設計者としても有名
なイギリス人建築家・ジョサイア・コンドルが、暁斎に弟子入りし日本画
を学んでいる。
2人はとても交流が深く、頻繁に各地へ写生旅行にも出かけている。
コンドルの画号は「暁英」。
暁斎の臨終にも立ち会っている。
旧東京美術学校(現東京芸術大学)の教授を頼まれるが果たせず、188
9年に生涯を終える。

デニム クラッチバッグ 眠る猫 蕨硝子 河鍋暁斎シリーズ 

商品コードkyousai019
メーカー名株式会社ブラスト工房
価格13,800(税込)
在庫 1
数量  
商品説明
サンドブラストで、デニム生地の表面を削り、デザインを
表現した手作りのデニム・クラッチバッグです。

生地の表面を薄く削り、白くしてデザインを表現していま
すので、
塗装や染色やプリントとは違い、デザイン部分の
色落ち・かすれなどはありません。

岡山県産のデニム13ozで製作していますので、しっか
りとしたつくりになっています。
内側は、岡山県産の9号帆布ですので、長くご使用いただ
けるつくりになっています。

A4サイズの書類等は、そのまま収納できないサイズです
が、間口が約340mmあるので、10インチタブレット
やノートパソコン(290mm×210mm)なども収納
可能です。

幕末から明治にかけて活躍した天才画家 河鍋暁斎。

暁斎の描いた動物で犬は点数が少なく、猫を描いたもの
が多く残っています。

その猫の画の中から、「眠る猫」をデニムバッグに加工しました。

これは、子供の頃に師事していた、歌川国芳の影響では
ないか、と言われています。
猫好きの国芳は、家で何匹もの猫を飼っていた為、弟子
たちの写生の対象にもなっていたようです。

その影響か、暁斎自身も長年、猫を飼っていたようです。


----------デザイン監修 公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館----------


デニム クラッチバッグ 眠る猫

サイズ 縦約250mm 幅約350mm

仕様  デニム生地 岡山県産13ozデニム
    帆布生地  岡山県産9号帆布    
    バック   国内製作
    サンドブラスト彫刻加工
   

無料でラッピングいたします。
包装紙をお選びください。



蕨硝子 は、ブラスト工房のある、日本で一番小さな市・埼玉県蕨市から、
新しい工芸を発信する事を目的として、2016年に設立された、ブラス
ト工房のオリジナル商品ブランドです。(登録商標5946495号)

サンドブラスト・ガラス彫刻と言う、日本のガラス工芸の中でも新しい分野
に特化し、埼玉県蕨市で作られたサンドブラスト・ガラス彫刻品として、
数多くのガラス工芸商品
を生み出しています。

Copyright ©ブラスト工房 オンラインショップ All Rights Reserved.